cccde001-69e9-4d31-819e-fb8ba6af7fc4

偏ったコロナ報道から考える、自ら情報を取りに行く重要性

情報は受け身ではなく、自ら取りにいきましょう

vol.49

こんにちは!
ELITERS CLUBスタッフのAyaです。

コロナウイルスの第3波が押し寄せ、 また感染者数も増えており、昨日ついにGoToトラベルも一時新規予約停止が政府より発表されましたね。

東京のコロナウイルス感染者は、11月22日時点で391人と過去最多を更新しています。

本日はこのことに関連して情報は受け身ではなく、自ら取りに行くことの重要性をお話してみたいと思います。

日本は連日コロナウイルス増加とメディアが大きく報道し、 国民の不安を煽りますが、世界的に見て日本はかなり感染者数が少ないです。

特にアメリカでは1日の感染者が14万人を超えている中で、日本は本当によく抑えていますよね。

理由はかねてからBCG接種しているからとか遺伝子多型の違いとか、様々言われていますが、日本人の徹底した衛生管理なども感染拡大を食い止めている理由なのではないかなと私は思っています。

日本国内で言えば、 確かに感染者数は増えていますが死亡率は確実に減っています。

70歳以下の死亡率は1%以下です。 30歳以下の死亡率は0%です。
参考:https://www.covid19-taskforce.jp/

更に死亡者の定義も自治体によって曖昧で、コロナウイルスが直接の死因ではなくても陽性反応が出ていればほとんどのケースで、 コロナウイルスの死者としてカウントされるそうです。

医師は老衰と判断したがコロナ陽性だったので、県は「死者」としてカウントした事例もあるようです。

PCR検査数自体も増えていますし、少しずつ経済を再開させていますので感染者数が増えてしまうことは不思議なことではありません。

先程、アメリカの感染者数について触れましたが、実際に、アメリカでは世界で一番感染者数と死亡者数が多くメディアでもそれを報じています。

しかし、そもそもアメリカは人口も多いです。

少し、視点を変えてみましょう。 人口あたりの死亡者数でみると実はアメリカは1位ではありません。

世界屈指の医学部を有するジョンズ・ホプキンズ大学のデータによると、 アメリカは世界で8位です。

更に感染者数あたりの死亡者数は 世界14位です。

大統領選挙などの兼ね合いももちろんあるのだとは思いますが、 感染者数に囚われてアメリカばかりがクローズアップされています。

ちなみに人口あたりの死亡者数が最も多いのはベルギーです。 ベルギーに視点をあてて報道されることはあったでしょうか。

このようにメディアは偏った視点でニュースを報道していることもあります。

コロナの対応、ワクチンのこと、 感染者数ばかりが報道されていますがそもそもこのウイルスはどこから来たのか。

中国ですね。

最近では「武漢」というワードすらも聞かなくなりました。

もちろん対応策を考えるのは本当に重要です。

そして国民の皆さんに一刻も早く最新情報を届けることも絶対に重要です。

しかし、なぜそのウイルスは発生してしまったのかその原因に ついては一切報道で触れられません。

私は思うのです。

ビジネスにおいてもですが何か問題が起こったらその原因を究明して再発を防止することが重要ではないでしょうか。

さもなければ、 また同じことが起こってしまうかもしれません。

肝心な原因究明はというと、中国は調査を拒否、それによりWHOの調査は停滞している様ですね。

これだけ死者を出して世界を大きく変えてしまったにも関わらず原因究明が進んでいないとは。。。

WHOに最も多くのお金を出していたのは、アメリカです。 中国よりも多いです。

しかし、まるで中国をかばうかのようなWHOの姿勢にトランプ大統領は激怒し WHOを脱退してしまいました。

中国を責めろ!と言っている訳ではもちろんありません。

私は中国とビジネスすることも多く、中国のメーカーさんは非常に真面目で良い方がたくさんいます。

しかし、それとこれとは話が別で原因究明は必要であると思います。

もし次なるウイルスがまた発生したら・・・・ 非常に怖いです。

現代は情報で溢れています。 SNSで簡単に情報を拡散できますし日々大量の情報を目にします。

だからこそ、周りやマスメディアに流されず自分で情報を取りに行くことが重要であると思っています。

さもないと、情報発信者の思うがまま偏った見方をしてしまい物事の本質を見失ってしまいます。

これはビジネスに置いても同じです。

やはり自分で情報を取りに行って考えることをしないと騙されてしまう可能性すらあるのです。

情報はもらうものでなく、取りに行くものです。

そしてじっくり考えることが大切ですね。 はやく世界が元通りになればなと願うばかりです。

それでは、本日も元気によい一日をお過ごし下さい☆

注目の海外プロジェクト

2200W、2400Whの超大容量ポータブル電源!

ElecHive Portable & Universal Super Power Station

こちらはIndiegogoの商品です。
国内外のクラファンで大人気のポータブル電源です!

現時点で4400万円以上集まっていて、345人の支援者です。

https://bit.ly/3lS4B6g

実行しているメーカーさんはもともとポータブル冷風機で2度プロジェクトを行っていました。

この度、新製品として2000W、2400Whの超大容量ポータブル電源を開発しました。

これだけの大容量ですが、重さは15kg、大きさはバスケットボールの大きさくらいなので持ち運びにも最適です。

大容量なのでキャンプ時に大活躍するのはもちろんのこと、自宅に置いておいてもしもの時に冷蔵庫、電子レンジなどに電力供給することもできます。

特に医療用機械をご自宅で使用されている方は備えとして安心ですね。

ポータブル電源はどんどんと新しいものがでてきますね^^
注目のカテゴリーです!

お役立ち情報

毎週月曜日に更新するクラファンビジネスお役立ち情報!

電波法とは(TELEC)

こちらもMakuakeで商品を販売する際必要になるかも知れないので、是非覚えておいてください^^

電波法とは、電波を公平かつ能率的な利用を確保することによって、公共の福祉を増進することを目的として定められました。

(参考:総務省 電波利用ホームページ


国内で特定無線設備に該当する電波機器を使用するには、輸入品であろうと電波法に定められている技術基準に適合していることが求められています。

アプリ連携する商品やBluetoothを使用する商品(スピーカーなど)が対象です。

適合証明は総務省に登録されている検査機関が行います。(=TELEC


検査を受けて技術基準に適合していると判定された電波機器は、与えられた技術基準適合番号(技適番号)と技術基準適合マーク(技適マーク)を電波機器の筐体外部に付しておくことが義務付けられています。

※Bluetooth認証と電波法(技適)は別物です。

Bluetooth認証とは、Bluetooth SIGという民間団体が発行するライセンスのことでこれは世界共通です。

これに関しては開発メーカーが取得しているはずです。

ただし、技適は日本が定める法律です。
日本の法律に則った技適を取得しなければ違法になってしまいます

メーカーからBluetooth認証はとってると言われても技適は必要なので注意しましょう !

費用:だいたいUSD3000目安です

期間:TELECのホームページによると7営業日以内と記載されていますが、書類作成のためにメーカーと確認することもあるようなので7日以上はかかると思っていいと思います。

参考https://www.telec.or.jp/faq/index.html

クラファンに役立つ英会話

海外メーカーとビジネスしていくにあたり使える1日1英会話

【日本語】

日本では第3波がやってきている様に思いますが、私達は元気です。
ただ、巣ごもりやテレワークの人が増え、 身体の様々な所に痛みを訴える人が 増えてきています。
今、日本では本当に御社の製品を必要としている人が沢山います!

【英語】

It seems like we are in the third wave of COVID-19 in Japan, but we are fine.
As more and more people stay home and work from home, they are struggling with pain in various parts of bodies.
So there are so many people in Japan right now who really need your product!

クラウドファンディングビジネスとは?

クラウドファンディングビジネスとは海外メーカーの商品を日本のクラウドファンディングサイトで販売する代理店ビジネスです。日本語も日本の市場もわからないメーカーが日本で販売していくサポートをします。
メーカーが新商品をリリースする際にクラウドファンディングを活用して商品をプロモーションする手法が確実に主流になってきています。これはアメリカ、欧州、台湾、韓国、中国と同じ動きです。

参考書籍

もっとクラファンビジネスについて知りたい方はこちらの書籍がオススメです▼

資金ゼロではじめる輸入ビジネス3.0(Amazon)

著者である大竹 秀明さんは日本で唯一のMakuake公式エヴァンジェリストであり、私のビジネスパートナーです。
輸入ビジネスの新しい時代の稼ぎ方を初めての人でもゼロからわかるように解説しており、この1冊でこのビジネスのすべてがわかります。

ELITERS CLUBについてはこちら:https://eliters.jp/

Share this post

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email