0+
商談メーカー総数

2021年11月現在

0億8千万+
クラブ生総支援額
0
独占販売権獲得総数
0+
プロジェクト実施総数
0%
プロジェクト成功率

海外メーカーとの英語の交渉で困っていませんか?

取引先から英語のメールラッシュ!

相手の言っていることもわからないし、どんなメッセージを返信すればいいのかもわからない。ストレスでしかない!一人じゃ無理!

交換したチャットアプリにどんどんDMがくる!

取引先から交換したwhatsapp, WeChat, LINEにガンガン英語で取引についてダイレクトメッセージで連絡がくるが、分からないので返信もできない。既読サインもつくので焦ってしまう!

今後のマーケティング戦略を詳しく教えてくれ!

弊社の商品をどのようなチャンネルで具体的にどのようにマーケティングしていくのか、御社のマーケティング戦略をプレゼン資料を提出してくれと言われた。そんな資料、英語で作成なんて無理だ!

契約書の最終的な取引相手との詰め、締結!

契約書の雛形テンプレートを取引先に送ったが、いろいろ修正を求められたが、よくわからないし、修正の仕方がわからない。契約の締結をするだけでも、辞書を片手に膨大な量と難しい単語にお手上げ状態!

LP用の素材の日本語翻訳や関連やり取り!

海外パートナーの日本展開する商品のプロモーションビデオやLPの日本語化など、いろいろとパートナーと詰めながらやっていく必要があるが、そのやり取りが難しすぎる!

1週間に一度の定例SKYPEミーティング!

当然ながら、クラウドファンディングが開始されると、海外メーカーと売上アップの施策などを話し合うために、定期的なSKYPE打ち合わせがやってきます。メールなら翻訳機を使ってごまかせると会話となると無理!毎回喋れずどうしよう。その度の通訳はコストとして高くなる!

支援者からの技術的な質問をメーカーと確認して回答!

クラウドファンディング開催中に多くの支援者から商品について様々な技術的な質問が来た際、メーカーにメールやチャットにて確認する必要がある!

​ファンディング開始後は日々状況開示をする!

クラウドファンディングが始まると、日々のトラフィックや売上についてメーカーに英語で説明する必要があるが、この説明もアクセス数、コンバージョン率など難しい専門用語が多くそれを英語で説明できない!

コロナで全てが変わった…
これからはオンライン交渉の時代

展示会に参加するよりも圧倒的に時間的、労力的、費用的にも

オンライン交渉の方が効率が良いのです。

圧倒的なコスパ

展示会に行くには航空券、ホテル代、展示会参加費用、現地食費、通訳を雇ったりと、1回行くだけで大きなコストがかかりますが、オンライン交渉の場合、そういったコストが全くいりません。

世界中の企業が営業対象

展示会交渉の場合、展示会に参加している企業としか商談ができませんが、オンライン交渉の場合、世界中のありとあらゆるメーカーと交渉が可能なため、取引できるパートナーの数が無限大です。

商談に集中してもらえる

展示会ではメーカー担当者にその場で会って交渉できるのが良いですが、メーカーもブースへの訪問者への対応などでなかなか集中して商談できません。オンライン商談では集中してもらえます。

画面共有ができる

オンライン商談の良いところは、サイト、事例、スプレッドシート、その他様々なことをお互いに画面共有をしながら商談できるのでより相手を説得しやすくなります。

年中いつでも交渉できる

展示会の場合、展示会開催中しか商談ができませんが、オンライン商談の場合、展示会開催有無に関係なく、いつでも世界中のメーカーと商談ができるのが魅力です。

外注化・仕組み化しやすい

メール営業は基本的にクラウドワークスなどで外注化、仕組み化できますので、外注スタッフに任せて営業できますので、自分のペースに合わせて忙しい方でも取り組むことができます。

今、世界で何が起こっているのか?

展示会が
軒並みキャンセル

コロナウイルスの感染拡大により、海外への渡航制限、入国制限の措置が取られています。海外で開催予定であった各展示会も軒並み中止または延期となっています。そのためメーカーも商品をお披露目する場、また海外のディストリビューターと交渉する場がなくなっています。

コロナウイルス以後、どうなったのか?

オンラインで交渉は
スタンダードへ

多くの海外展示会はオンライン開催へと移行しています。展示会への参加もオンライン、新商品のチェックもオンライン、もちろん商談もオンラインです。実際に手に触れて商品を確認できないというデメリットはありますが、この状況下では全てオンラインで行うことがスタンダードになりつつあります。

クラウドファンディングに関する日刊ニュースレターを配信しています

オンライン交渉

海外メーカーへ営業メール
¥ 66,000
  • クラブ月額費用2ヶ月
Win

海外展示会参加

ラスベガス・CES
¥ 450,000
  • 渡航費
  • 滞在費(ホテル代)
  • 展示会参加費
  • 通訳雇用費(会期中)
圧倒的な違い

オンライン交渉のほうが
コスパも効率も良いということが
おわかりいただけたでしょうか?

これからのクラウドファンディングは
海外メーカー×オンライン交渉の時代

まずはご相談ください

あなたのビジネスを
加速させましょう

ELITERS CLUBへのご入会前に、私、林一馬とのSkype面談を実施しています。

クラウドファンディングビジネスについて、どのように営業をし、商談に持ち込んでいくのか、それからクラブのサポート体制について、私から直々にお伝えさせていただいています。

またご入会前の不安や確認したいことなど遠慮なくお話しください。サービスに関する内容をご説明させて頂きます。サービスについて理解した上でご入会頂けます。

面談後の入会は強制ではありません。お気軽にお申し込みください。

ELITERS CLUB

オンライン海外メーカー交渉サービス
¥33,000月額
  • 林一馬による無制限SKYPE商談
  • 個別チャットワーク相談
  • 会員専用メンバーサイト(各種マニュアル)
  • メーカーとの英訳・和訳サービス
  • 月1回 Zoom勉強会
  • 展示会営業先リスト月1回更新
  • その他随時サービス追加

ELITERS CLUBへの入会を既にご決断されている方は上記ボタンよりPayPal決済にお進みください。

0+
商談メーカー総数

2021年11月現在

0億8千万+
クラブ生総支援額
0
独占販売権獲得総数
0+
プロジェクト実施総数
0%
プロジェクト成功率

海外メーカーとの英語の交渉で困っていませんか?

取引先から英語のメールラッシュ!

相手の言っていることもわからないし、どんなメッセージを返信すればいいのかもわからない。ストレスでしかない!一人じゃ無理!

交換したチャットアプリにどんどんDMがくる!

取引先から交換したwhatsapp, WeChat, LINEにガンガン英語で取引についてダイレクトメッセージで連絡がくるが、分からないので返信もできない。既読サインもつくので焦ってしまう!

今後のマーケティング戦略を詳しく教えてくれ!

弊社の商品をどのようなチャンネルで具体的にどのようにマーケティングしていくのか、御社のマーケティング戦略をプレゼン資料を提出してくれと言われた。そんな資料、英語で作成なんて無理だ!

契約書の最終的な取引相手との詰め、締結!

契約書の雛形テンプレートを取引先に送ったが、いろいろ修正を求められたが、よくわからないし、修正の仕方がわからない。契約の締結をするだけでも、辞書を片手に膨大な量と難しい単語にお手上げ状態!

LP用の素材の日本語翻訳や関連やり取り!

海外パートナーの日本展開する商品のプロモーションビデオやLPの日本語化など、いろいろとパートナーと詰めながらやっていく必要があるが、そのやり取りが難しすぎる!

1週間に一度の定例SKYPEミーティング!

当然ながら、クラウドファンディングが開始されると、海外メーカーと売上アップの施策などを話し合うために、定期的なSKYPE打ち合わせがやってきます。メールなら翻訳機を使ってごまかせると会話となると無理!毎回喋れずどうしよう。その度の通訳はコストとして高くなる!

支援者からの技術的な質問をメーカーと確認して回答!

クラウドファンディング開催中に多くの支援者から商品について様々な技術的な質問が来た際、メーカーにメールやチャットにて確認する必要がある!

​ファンディング開始後は日々状況開示をする!

クラウドファンディングが始まると、日々のトラフィックや売上についてメーカーに英語で説明する必要があるが、この説明もアクセス数、コンバージョン率など難しい専門用語が多くそれを英語で説明できない!

コロナで全てが変わった…
これからはオンライン交渉の時代

展示会に参加するよりも圧倒的に時間的、労力的、費用的にも

オンライン交渉の方が効率が良いのです。

圧倒的なコスパ

展示会に行くには航空券、ホテル代、展示会参加費用、現地食費、通訳を雇ったりと、1回行くだけで大きなコストがかかりますが、オンライン交渉の場合、そういったコストが全くいりません。

世界中の企業が営業対象

展示会交渉の場合、展示会に参加している企業としか商談ができませんが、オンライン交渉の場合、世界中のありとあらゆるメーカーと交渉が可能なため、取引できるパートナーの数が無限大です。

商談に集中してもらえる

展示会ではメーカー担当者にその場で会って交渉できるのが良いですが、メーカーもブースへの訪問者への対応などでなかなか集中して商談できません。オンライン商談では集中してもらえます。

画面共有ができる

オンライン商談の良いところは、サイト、事例、スプレッドシート、その他様々なことをお互いに画面共有をしながら商談できるのでより相手を説得しやすくなります。

年中いつでも交渉できる

展示会の場合、展示会開催中しか商談ができませんが、オンライン商談の場合、展示会開催有無に関係なく、いつでも世界中のメーカーと商談ができるのが魅力です。

外注化・仕組み化しやすい

メール営業は基本的にクラウドワークスなどで外注化、仕組み化できますので、外注スタッフに任せて営業できますので、自分のペースに合わせて忙しい方でも取り組むことができます。

今、世界で何が起こっているのか?

展示会が
軒並みキャンセル

コロナウイルスの感染拡大により、海外への渡航制限、入国制限の措置が取られています。海外で開催予定であった各展示会も軒並み中止または延期となっています。そのためメーカーも商品をお披露目する場、また海外のディストリビューターと交渉する場がなくなっています。

コロナウイルス以後、どうなったのか?

オンラインで交渉は
スタンダードへ

多くの海外展示会はオンライン開催へと移行しています。展示会への参加もオンライン、新商品のチェックもオンライン、もちろん商談もオンラインです。実際に手に触れて商品を確認できないというデメリットはありますが、この状況下では全てオンラインで行うことがスタンダードになりつつあります。

クラウドファンディングに関する日刊ニュースレターを配信しています

オンライン交渉

海外メーカーへ営業メール
¥ 66,000
  • クラブ月額費用2ヶ月
Win

海外展示会参加

ラスベガス・CES
¥ 450,000
  • 渡航費
  • 滞在費(ホテル代)
  • 展示会参加費
  • 通訳雇用費(会期中)
圧倒的な違い

オンライン交渉のほうが
コスパも効率も良いということが
おわかりいただけたでしょうか?

これからのクラウドファンディングは
海外メーカー×オンライン交渉の時代

まずはご相談ください

あなたのビジネスを
加速させましょう

ELITERS CLUBへのご入会前に、私、林一馬とのSkype面談を実施しています。

クラウドファンディングビジネスについて、どのように営業をし、商談に持ち込んでいくのか、それからクラブのサポート体制について、私から直々にお伝えさせていただいています。

またご入会前の不安や確認したいことなど遠慮なくお話しください。サービスに関する内容をご説明させて頂きます。サービスについて理解した上でご入会頂けます。

面談後の入会は強制ではありません。お気軽にお申し込みください。

ELITERS CLUB

オンライン海外メーカー交渉サービス
¥33,000月額
  • 林一馬による無制限SKYPE商談
  • 個別チャットワーク相談
  • 会員専用メンバーサイト(各種マニュアル)
  • メーカーとの英訳・和訳サービス
  • 月1回 Zoom勉強会
  • 展示会営業先リスト月1回更新
  • その他随時サービス追加

ELITERS CLUBへの入会を既にご決断されている方は上記ボタンよりPayPal決済にお進みください。